外食ドットビズ

トピックス

甘太郎、秋を詰め込んだ4つの「秋鍋」をはじめました
直径約15cmの手頃な一人前サイズの鍋で提供

 コロワイドMDとアトムは、全国の「手作り居酒屋 甘太郎(あまたろう)」店舗(一部店舗を除く)にて、9月13日より秋を詰め込んだ「秋鍋」4種の販売を開始する。
 「甘太郎」では、秋をまるごと鍋に詰め込んだ“秋鍋″を手頃な一人前サイズの鍋(直径約15cm)で用意。まるで満月のような「月見・鶏すき鍋」(799円)は、鶏肉・人参・葱・水菜が入ったすき焼き鍋の上に、とろろをたっぷりとかけて卵黄をのせた、鍋の具材とスープに馴染んだとろろの“ふわとろ感”がたまらない一品。旬を迎える秋の味覚「秋刀魚のみぞれ鍋」(699円)には、醤油ベースの出汁を使用。隠し味の“生しょうゆ糀”で秋刀魚の旨みが増し、さらに大根おろしを入れることで甘みがアップ。「6種の木の子鍋」(799円)は、味えのき・えのき・ぶなしめじ・まいたけ・エリンギ・しいたけの6種ものキノコが入った鍋。塩ベースの出汁を使用することで素材の旨さが引き立ち、中に隠れている鶏つくねが旨みを増している。“亜麻仁牛”の「もつ」を使用した「牛もつ・なめこ鍋」(899円)には、塩ベースの出汁を使用。スライスしたにんにくと唐辛子を粉末状にしたカイエンペッパーを加えることで、スタミナたっぷりウマ辛に。更に、なめこのとろ~リ感がより一層食欲を注ぎ、食欲の秋にぴったりなやみつき系のおいしさに。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2018年09月13日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る