外食ドットビズ

トピックス

しゃぶしゃぶ温野菜、「7種の国産きのこと鴨の厚切りしゃぶしゃぶ」発売
食欲の秋、到来!幻のきのこと呼ばれる「はなびら茸」も食べ放題

 レインズインターナショナルは、全国の「しゃぶしゃぶ温野菜」店舗にて、9月13日より秋限定のメニューとして、鴨しゃぶとの相性を考え作り上げた「鴨しゃぶ専用だし」で楽しむ「7種の国産きのこと鴨の厚切りしゃぶしゃぶ」(3,680円/税抜)の提供を開始する。
 「7種の国産きのこと鴨の厚切りしゃぶしゃぶ」では、鴨のもも肉をしゃぶしゃぶとしては異例の厚さである2.5ミリでスライスした「厚切り鴨しゃぶ」を始め、自然界ではほとんど自生しないため“幻のきのこ”とも呼ばれている「はなびら茸」をはじめとした7種類の国産きのこ、甘みと香りが豊かな「ちゃんこねぎ」が食べ放題で楽しめる。
 はなびら茸は、その名の通りまるではなびらのような形をしている、別名「フラワーきのこ」とも呼ばれ、そのかわいらしい見た目は、食事の席を上品に彩る。コリコリとした食感が特徴で、旬の秋を迎えるとより甘みを増す。また、昆布と同等量の旨み成分を含むとされており、免疫力を活性化して身体を守る能力を向上させるといわれるβグルガンという食物繊維が非常に豊富であることでも知られる。
 豊富なビタミンBや鉄分、身体に良い効果をもたらす不飽和脂肪酸が含まれ、さらにデトックス効果もある”ビューティーミート”の鴨肉。今回は、肉の厚さをミリ単位で検証し、もっとも美味しい厚さを追求し、2.5ミリという他のお肉の約1.8倍(他のお肉は1.4ミリで提供)の厚切りに辿り着いた。厚切りにすることで、鴨肉の食べ応えと鴨しゃぶから出る肉汁とだしのハーモニーを楽しめる。
 やわらかさが特徴のちゃんこねぎ。加熱すると出る自然な甘みは絶品。鴨肉との味の相性の良さだけでなく、葱に含まれる辛味成分のアリシンは、鴨肉のビタミンB1を結びつき、吸収率を向上させる。
 そして、味変のソースとして、「特製ぶどうソース」と「カレー塩」の2種類を用意。和風の鴨しゃぶにぶどうソースをかけると、ぶどうの酸味と甘さと胡椒の辛味がアクセントになり、まるでフランス料理のような味わいにガラリと様相を変える。一方、カレー塩をかければ、本格的なカレー鴨南蛮を味わうことができる。
 

(外食.Biz)
2018年09月13日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る