外食ドットビズ

トピックス

インフォマート、ホテル・中食・外食企業の一括表示作成をサポート
食品表示法の新基準の施行を見据え、栄養成分も自動集計

 インフォマートは、「BtoBプラットフォーム 受発注 メニュー管理」に、個別品目の原材料や栄養成分等の情報を自動で集計できる「一括表示作成支援機能」を搭載し、提供を開始した。食品表示法の新基準施行まで2年をきった中、食品に関するデータ集計を現在エクセル等の手作業で行っている企業の手間軽減とリスク回避を実現し、「食の安心・安全」の強化を推進する。
 近年、食品における産地や材料の偽装、食品アレルギー事故、また、健康志向の高まりなどにより、食品に関する情報提供を求める消費者の声が高まっている。さらに、2020年3月の食品表示法の新基準(食品表示基準)の猶予期間終了に向け、食品業界においては個別のメニュー・品目における栄養成分の表示など、情報提供策の対応が急務となっている。そうした中、業界の業務効率化のサポートを促進すべく、ホテル・中食・外食企業の総菜・弁当などで使いやすい「一括表示作成支援機能」の開発に至った。
 「一括表示作成支援機能」は、「BtoBプラットフォーム 規格書」と連携することで、「BtoBプラットフォーム 受発注 メニュー管理」に登録しているメニューごとに、原材料・栄養成分・アレルギー物質などを自動で集計・並び替えし、一括表示の元データとして利用できる機能で、データは編集することも可能。「BtoBプラットフォーム 受発注」で日々取引している商品マスタを紐づけたレシピや商品情報(規格書)をもとにしているため、手間をかけずに精度の高い表示を作成できる。
 

(外食.Biz)
2018年09月13日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る