外食ドットビズ

トピックス

鳥良、日本各地から秋の“ひやおろし”集めました!日本酒フェア開催
島根県「李白 特別純米 ひやおろし」や山形県「出羽桜 特別純米 ひやおろし」などを

 SFPホールディングスは、全国の「鳥良」「鳥良商店」「おもてな しとりよし」店舗にて、9月11日~10月下旬(予定)の期間、日本各地から集めた秋の日本酒“ひやおろし”を提供する。
 広島県の「一代弥山 純米吟醸 八反錦 ひやおろし」(100ml/580円)は、広島県が生んだ酒造好適米「八反綿」を使用。しっかりとした麹作りで「八反綿」の旨味と後切れの良さを引き出した。スッキリとした中にも程よい熟成感があるのが特長。島根県の「李白 特別純米 ひやおろし」(100ml/480円)は、酒仙蔵の中で夏を越え、熟成させたすっきりとした味わいの中にも、ふくよかに広がる旨みが特長の生詰め特別純米酒。佐賀県の「東鶴 特別純米 ひやおろし」(100ml/580円)は、東鶴らしいほのかな柑橘&メロンの香りが爽やか。すっきりしていながらも柔らかな酸が酒質を支え、ジューシーなフルーティさがお米の旨味と相まって豊かな旨みを表現。
 山形県の「出羽桜 特別純米 ひやおろし」(100ml/680円)は出羽桜らしい、山廃仕込み特別純米ひやおろし。五味豊かな、複雑な味わいと、美しいキレをもつ新しい山廃の形を作り上げた。秋田県の「秀よし 純米酒 ひやおろし」(100ml/580円)は、実り豊かな秋田仙北平野で、いにしえの伝統を守りながら自然体で酒造りをする蔵元の、特別純米ひやおろし。口当たりなめらかで、純米酒らしい旨味がほどよくのって味があり、コク・酸ともに充分、喉ごしもキレるバランスよく飲み飽きない秋味に仕上がった。その他、青森県の「秋の陣 純米酒 ひやおろし」(100ml/480円)なども用意する。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2018年09月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る