外食ドットビズ

トピックス

銀座コージーコーナー、旬のフルーツ直行便に「ナガノパープル」登場
華やかな「パフェ」とすっきりとしたドリンクデザート「スムージー」に仕上げて用意

 銀座コージーコーナーは、首都圏の「銀座コージーコーナー」カフェ・レストラン併設23店舗にて、旬の長野県産ぶどう「ナガノパープル」を使ったイートインデザート2品を9月7日~10月上旬の期間限定販売する。
 四季折々、旬のフルーツを使った人気のデザート「旬のフルーツ直行便」シリーズ。今秋も、毎年人気の長野県産ぶどう「ナガノパープル」が登場。「ナガノパープル」は、長野県内でしか栽培できない希少な品種のぶどうで、大粒で種がなく、皮ごと食べられるのが特長。今回は、爽やかな甘みと芳醇な香りのナガノパープルを、華やかな「パフェ」と、すっきりとしたドリンクデザート「スムージー」に仕上げて用意した。
 「長野県産ナガノパープルのパフェ」(1,280円/税込)は、旬のナガノパープルのおいしさをとじこめた、季節限定パフェ。果肉のみずみずしさとグラニテの爽やかな甘み&香りに、アイスやクリームのまろやかな乳味が絶妙のコンビネーション。女性にうれしいヒアルロン酸ジュレ入り。「COZYスムージー(長野県産ナガノパープル)」(800円/同)は、フレッシュナガノパープルジュースと微細氷入りさっぱりアイスの組み合わせ。ストローでくるくる混ぜると、シャーベット状の味わいに。ナガノパープルの爽やかな甘みと香りにアイスの乳味がよく合う、すっきりとした口あたりのドリンクデザート。
 

(外食.Biz)
2018年09月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る