外食ドットビズ

トピックス

黒ラベル「千葉工場30周年 オリジナルキャンペーンパック」限定発売
県産品の魅力をPRするとともに、売上の一部を千葉県交通安全基金に寄付

 サッポロビールは、『サッポロ生ビール黒ラベル「千葉工場30周年 オリジナルキャンペーンパック」』(350ml缶×6本)を10月16日に数量限定発売し、同商品の売り上げ1本につき1円を千葉県交通安全基金に寄付する。
 同社では、千葉工場の竣工30周年にあたる今年、地元千葉に根ざしたさまざまな取り組みを継続的に行っており、6月5日にオリジナルデザイン缶を発売し、好評を得た。
 本商品も引き続き千葉県産品の魅力を県内外にPRするため、千葉県で10年ぶりに登場する新品種の落花生「Qなっつ」とビールのイラストを配置するとともに、千葉工場30周年を訴求したデザインとした。
 また、千葉県庁と連動し、「Qなっつ」とパーフェクト黒ラベルタンブラーのセットが当たるオリジナルキャンペーン「千葉工場30周年記念 食べておいしい ちばの味プレゼントキャンペーン」を実施する。本キャンペーンは、対象となる本6缶パック内面の専用応募ハガキで応募すると、抽選で200名に、フクヤ商店「さや煎り落花生 Qなっつ(200g)」と、パーフェクト黒ラベル400mlタンブラー 1個のセットをプレゼントするもの。
 同社は、千葉県内唯一のビール工場を持つ企業として、今後もさまざまな形で地元千葉への貢献を続けていきたいとしている。
案内サイト:http://www.sapporobeer.jp/area/shutoken/products/chiba30_2/index.html
 

(外食.Biz)
2018年09月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る