外食ドットビズ

トピックス

日本フードサービス協会、平成29年外食産業市場規模推計値を公表
昨年の外食産業市場規模は25兆6,561億円と6年連続で前年を上回る

 一般社団法人 日本フードサービス協会(JF)は、平成29年(暦年)外食産業市場規模推計値を公表。昨年の外食産業市場規模は、1人当たり外食支出額の増加、訪日外国人の増加、法人交際費の増加傾向などにより、前年比 0.8%増の25兆6,561億円と6年連続増と推計された。
 飲食店、宿泊施設、社員食堂、病院給食などを含む「給食主体部門」の市場規模は、市場規模全体の80.6%を占め、20兆 6,824億円と、前年より1.3%増加した。
 「給食主体部門」のうち、飲食店、宿泊施設などの「営業給食」の市場規模は、全体の67.4%を占め、17兆3,002億円で、前年より1.5%増加。この内、「飲食店」の市場規模は、前年より1.8%増加し、14兆1,581億円となった。内訳をみると、ファミリーレストランや一般食堂、専門料理店等を含む「食堂・レストラン」(対前年増減率1.6%増)、「そば・うどん店(立ち食いそば・うどん店を含む)」(同2.7%増)、回転寿司を含む「すし店」(同0.1%増)、「その他の飲食店(ファストフードのハンバーガー店、お好み焼き店を含む)」(同3.9%増)は増加した。
 また、「料飲主体部門」の市場規模は、全体の19.4%を占め、4兆9,737億円と、前年より0.9%減少した。この内、「喫茶店」は1兆1,358億円(前年比1.6%増)、「居酒屋・ビヤホール等」は1兆94億円(同1.4%減)、「料亭・バー等」は2兆8,285億円(同1.7%減)となった。
一方、持ち帰り弁当店や惣菜店などの「料理品小売業」、いわゆる“中食産業”の市場規模は、7兆7,040億円で、前年より2.1%増加した。
 

(外食.Biz)
2018年08月03日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る