外食ドットビズ

トピックス

大庄、鶏料理自慢の大衆酒場「とり家 ゑび寿」が北海道初上陸
「札幌の皆さまにも、極上の鶏肉を!」宮崎県から北海道への空輸直送を実現

 大庄は、鶏料理自慢の大衆酒場「とり家 ゑび寿(とりやえびす)」ブランドの北海道初上陸となる「すすきの南4条店」を7月10日に北海道札幌市にてオープンする。
 「とり家 ゑび寿」は、新宿や恵比寿、武蔵小杉などの飲食店激戦区で、“鶏肉の鮮度の高さ”などから人気のお店。今回、「札幌の皆さまにも、極上の鶏肉を!」を合言葉に、宮崎県から北海道への空輸直送を実現し、“超速鮮度”の鶏料理を提供する。宮崎の温暖な気候の中で自然の飼料を食べ、霧島連山から湧き出る霧島裂罅水(きりしまれっかすい)と呼ばれるミネラルたっぷりの天然地下水を飲んで育った、生後49日という若々しく清らかな“若鶏”のみを使用。また、肉の鮮度を最大限に保てるよう、触る機会を極限に減らすため串に刺さず、本場スタイルの皿盛で提供する。甘くとろける脂、やわらかでありながら程よく締まったプリプリの食感、まったく臭みがない肉質を堪能できる。
 いち押しメニューは、もも・レバー・せせりなどその日のお薦め部位6種を盛り合わせ食感や味わいの違いを楽しめる「ミックス焼き」(680円)。その他、丸ごと1本をそのまま焼く豪快かぶりつきの「骨付き特大もも焼き」(680円)や、ボリューミーなもも肉焼きにたっぷりのネギとさっぱりとした特製ダレをかけた「辰ちゃん焼き」(580円)、希少部位の“Vチキン”をカリッとスパイシーに唐揚げにした「勝利の唐揚げ」(420円)もオススメ。
 ドリンクメニューは、“旨い若鶏肉”をよりおいしく食べるための品揃え。旨味ある鶏との相性が良い生ビールを厳選し、プレミアムビールの代表格「YEBISU(ヱビス)」と北海道では欠かせない「サッポロクラシック」の2種を用意。その他、全国から厳選した銘柄日本酒に焼酎、「男梅サワー」などサワー類、ハイボール、かち割りグラスワインなど豊富にラインナップ。
 なお、北海道での初出店を記念し7月10日と11日の2日間限定で、さらにお得な「料理全品半額イベント」を実施する。
※金額は、「税抜き」価格

【とり家 ゑび寿 すすきの南4条店】
所在地:北海道札幌市中央区南四条西2丁目11-7 TOMORUビル1階
電話:011-215-0683
営業時間:17:00~翌2:00(日・祝~23:00)
定休日:年中無休
店舗規模:30坪、58席
想定客単価:2,500円
 

(外食.Biz)
2018年07月10日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る