外食ドットビズ

トピックス

かっぱ寿司、2018年夏 至極の大桶「SUSHI CAKE」登場
北海道産の「鮮極いくら」と鹿児島県産の大うなぎを贅沢に

 カッパ・クリエイトは、全国の「かっぱ寿司」店舗にて、「鹿児島県産 大うなぎ」と「鮮極(せんごく)いくら」を贅沢に使用した、2018年夏 至極の大桶「SUSHI CAKE」(10,000円/税込)の販売を完全予約制・数量限定で7月9日より開始した。
 昨年の夏、好評を博した「至極の大桶シリーズ 夏 うな重」がさらにパワーアップし、今年は人気シリーズ「SUSHI CAKE」として登場。本メニューでは、「3特ランク」と呼ばれる最高規格の北海道産いくらを使用。非常に柔らかく、卵のコクが強い鮭子を特製タレに漬け込み、かっぱ寿司オリジナルの味付けをほどこした「鮮極いくら」は、食べた瞬間に弾力のある粒から旨みが溢れる。さらに、「鹿児島県産 大うなぎ」は、うなぎの名産地として知られ、国内生産量第一位を誇る鹿児島県の限定された生産者から仕入れた。成育において非常に重要な要素である「水」にこだわり、ストレスの少ない環境で育てたうなぎは、臭みがなく濃厚な旨みが特徴。そして、炭火によりじっくりと焼き上げることで、中はふっくら、外は香ばしくなり、本来のおいしさを楽しめる。これらのこだわりのネタを、直径約29cmの大桶に贅沢に盛り付けた。「鮮極いくら」を250g、「鹿児島県産 大うなぎ」を32枚前後使用した、およそ8人前のボリュームとなっている。
 

(外食.Biz)
2018年07月10日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る