外食ドットビズ

トピックス

サッポロライオン、創業119周年!「8月4日はビヤホールの日。」を開催
創業日当日に限り、取扱いのある生ビール全品を終日半額にて提供

 サッポロライオンは、今年8月4日で創業119周年を迎えるが、当日は、創業祭「8月4日はビヤホールの日。」として、全国のサッポロライオンチェーン店舗(一部店舗を除く)にて、生ビール全品を終日半額で提供する。
 日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」は、1899(明治32)年8月4日に、「ヱビスビール」のプロモーション店舗として現在の銀座八丁目にオープンした。2階建ての煉瓦造りの建物の2階を間借りして開店し、床はリノリウム張り、イスやテーブルはビールの樽材でつくられるなど、当時としては極めてモダンな内装だったという。当時は、蕎麦(もり・かけ)1銭8厘で販売される中、ビール500mlが10銭とまだまだ高級な時代だったが、何時でも満員御礼と非常に繁盛し、遠方から馬車でやってくる人もいたとのこと。
 同社が1999年に創業100周年を迎えたことを機に、創業日である8月4日を“日本に初めてビヤホールが誕生した記念日”として「ビヤホールの日」を制定し、日本記念日協会にも認定された。
 創業祭「8月4日はビヤホールの日。」では、創業日当日に限り、取扱いのある生ビール全品を終日半額にて提供。店舗により取扱いのある生ビールの種類は異なるが、「サッポロ生ビール 黒ラベル」をはじめ、ヱビスシリーズ「ヱビス生ビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)」「琥珀ヱビス」「ヱビス スタウト クリーミートップ」、プレミアムビール「白穂乃香」「エーデルピルス」など、樽生ビール全種類が対象商品となる。なお、「ダブリナーズ」5店舗においては、生ビール各種1Pintを500円で販売する。
 

(外食.Biz)
2018年07月09日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る