外食ドットビズ

トピックス

ダンシングクラブ東京、今年の夏は“手づかみサマーパーティー”だ!
夏を感じられるシーズンキャンペーン「LOVE GRAB SUMMER」を開始

 ミールワークスは、シーフードレストラン「DANCING CRAB(ダンシングクラブ) 東京」にて、昨秋にスタートした“Enjoy grabbed four seasons(四季を手づかみで楽しむ)”をコンセプトとした年間キャンペーンの第4弾として「LOVE GRAB SUMMER」キャンペーンを8月31日まで展開する。
 「ダンシングクラブ」は、2014年4月にシンガポールで開業した米国南部ルイジアナスタイルのシーフードレストラン。スパイシーな味付けのソースを絡めたシーフードをテーブルの上に広げ、ナイフやフォークを使わず手づかみでワイワイ楽しく食べるという豪快なスタイルで人気。日本では、同社が2014年10月に東京、2015年8月に大阪、2016年10月に福岡へオープンし、「美味しくて楽しい、食のエンタテインメント」を提供している。
 「LOVE GRAB SUMMER」キャンペーンでは、ダンシングクラブ最大の特徴である“手づかみ”を活かし、海やビーチを彷彿とさせる期間限定フードとドリンクや、夏らしいビーチの装飾を施した店内で夏を感じてもらいながら、季節限定のフォトプロップスも用意し、インスタ映え、ムービー映えするサマーパーティーの場を提供する。
 「スプラッシュ シーフード パンチ」(1,850円)は、カニの身、エビ、パーナ貝、タコ、セロリ、ズッキーニ、パプリカ、キウイ、ブルーベリー、オレンジなどを、トマトの酸味、バジルの香り、スパイシーな唐辛子でマリネした夏らしいアペタイザー。食べる直前にボトルにラムネを入れて、シュワシュワマリネに。「コーン オン ザ コブ」(1本950円)は、こんがり焼いたトウモロコシに、濃厚なチーズフォンデュソースとコーントルティーヤチップス、ピンクペッパー、ブラックペッパー、ベーコンチップ、クミン、チリパウダー、パセリをかけた豪快なメニュー。「シーフード ビーチ ボックス」(1,300円)は、塩を砂浜に見立て、スモークの風味をつけてマリネしたカニ、エビ、魚をボックスに閉じ込めた夏限定のメニュー。
 また、人気の「シーフードバッグ」には、暑い夏にピッタリのグリーンが鮮やかで酸味、パクチーの効いたラテンなソース「サルサ ヴェルデ ソース」を用意した。
 スイカをまるごとくりぬいて、見た目からテンションの上がるドリンクも用意。「丸ごとスイカのマルガリータパンチ」(2,560円/ノンアルコール1,860円/ジョッキ700円、ノンアルコール560円)は、テキーラとスイカ、炭酸で後味すっきり。
 

(外食.Biz)
2018年07月07日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る