外食ドットビズ

トピックス

カフェ ラ・ボエム、“極上うに“を使用したフェデリーニなど冷製パスタ3種を販売
昨年好評を得たローストビーフパスタと、夏の定番大葉のジェノベーゼも

 グローバルダイニングは、イタリアン業態「Cafe La Bohéme(カフェ ラ・ボエム)」「La Bohéme Qualita(ラ・ボエム クアリタ)」店舗(一部店舗を除く)にて、冷製パスタ3種の販売を期間限定で7月4日に開始した。
 「極上!生うにとトマトジュレの冷製フェデリーニ」(1,680円)は、毎年7.8月にしかとることの出来ない、岩手県洋野町の極上生ウニをたっぷり使った贅沢なパスタ。同町は、岩手県最北に位置し県内随一の水揚げ量を誇る“ウニの町”。寒流と暖流が交わる三陸の海では、栄養豊富な天然のコンブがよく育つため、それをエサとして育つウニは、栄養価が高く、濃厚な旨味があるのが特徴。旬のトマトをジュレ状にし、ウニと和えて濃厚で爽やかなソースに仕上げた。その他、たっぷりの蟹と爽やかな大葉の香りを楽しめる「蟹と香味野菜の冷製大葉ジェノベーゼ」(1,480円)と「ローストビーフの和風冷製パスタ」(1,480円)を用意した。
 

(外食.Biz)
2018年07月05日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る