外食ドットビズ

トピックス

ぐるなび、Google Assistantを使った飲食店音声予約システムを導入
音声検索で飲食店を検索に加え、予約まで完了するサービスをスタート

 ぐるなびは、Google LLCが4月12日に公開したGoogle Assistant(グーグルアシスタント)での購入・注文・予約を可能にするActions on Google(アクションズオングーグル)の日本語環境で利用できるトランザクションAPI機能を活用し、国内飲食店検索サイトでは初となる音声検索で飲食店の予約まで完了するサービスをスタートした。
 Google Assistantは、Googleが開発したAIアシスタント。ユーザーが主に音声でAIアシスタントと会話ができるシステムで、インターネット検索やアラームの設定、ユーザの持っている他のデバイス(TVや電気等)の操作など様々な機能が行える。また、Actions on Googleは、Google Assistantの様々な機能を作成するためのプラットフォーム。
 これまでの音声検索では、ユーザーは飲食店を検索することはできても、予約は別途電話や飲食店検索サイトからインターネットで行う必要があった。今回のサービスでは、約30分後に入店可能な飲食店をブラウザや飲食店検索サイトを開くことなく予約することが可能になる。飲食店検索はgoogleの位置情報を活用し、現在地近辺の店舗を紹介する。予約の対象となる店舗は、インターネットでの即予約に対応しているぐるなびの加盟店のうち、本サービスの条件に適応しているお店。
 同社は、ユーザーの利便性を高めるとともに、ユーザーの飲食店検索行動の変化に対応していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2018年06月11日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る