外食ドットビズ

トピックス

サンマルクホールディングス、平成30年3月期の連結業績を発表
売上高はレストラン事業が1.7%増、喫茶事業が3.0%増とともに増収を確保

 サンマルクホールディングスは、平成30年3月期 通期(平成29年4月~平成30年3月)の連結業績を発表。売上高690億8400万円(対前年同期比2.3%増)、営業利益67億3700万円(同12.8%減)、経常利益68億6700万円(同14.3%減)、親会社株主に帰属する当期純利益36億1800万円(同18.2%減)であった。
 同社グループは、業態の魅力度を高めるための新商品の投入を含めたメニューのブラッシュアップに随時取り組んできた。また、人員体制の整備、既存店舗の品質・サービスレベルの維持向上を重点施策とし、着実な出店と合わせて中長期的な成長基盤を固めることに注力してきた。
店舗展開は、ベーカリーレストラン「サンマルク」直営店4店舗、生麺工房「鎌倉パスタ」直営店18店舗、「神戸元町ドリア」直営店4店舗、「サンマルクカフェ」直営店21店舗、「倉式珈琲店」直営店13店舗を新規出店。グループ全業態の合計店舗数は、直営店868店舗、フランチャイズ店43店舗、合計911店舗体制となった。
 セグメント別の業績は、レストラン事業が売上高378億1800万円(前年同期比1.7%増)、営業利益40億8600万円(同4.4%減)、喫茶事業が売上高312億3600万円(前年同期比3.0%増)、営業利益39億8300万円(同15.5%減)となった。
 次期に関しては、好立地への安定的な出店を継続しながら、メニュー面の商品力アップと人員体制の整備により、既存店舗の売上強化に取り組むとともに、一方で新業態の実験も進めることにより中長期の視点から着実な成長につなげることができるよう、鋭意諸施策に取り組んでいく。なお、平成31年3月期 通期(平成30年4月~平成31年3月)の連結業績予想は、売上高719億100万円(対前年比4.1%増)、営業利益70億4200万円(同4.5%増)、経常利益71億円(同3.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益37億5200万円(同3.7%増)を見込む。また、セグメント別では、レストラン事業が売上高385億2500万円(同1.9%増)、営業利益42億5400万円(同4.1%増)、喫茶事業が売上高330億1400万円(同5.7%増)、営業利益42億5400万円(同6.8%増)を見込む。
 

(外食.Biz)
2018年05月16日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る