外食ドットビズ

トピックス

“赤星”の売上の一部を元阪神タイガースの赤星憲広氏の基金に寄付
寄付金2,175,340円を車いす寄贈などに活用してもらう

 サッポロビールの近畿圏本部は、「飲んで応援!赤星キャンペーン」にて、元阪神タイガースの赤星憲広氏が設立した基金「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」に2,175,340円を寄付したと発表した。
 「飲んで応援!赤星キャンペーン」は、近畿2府4県における「サッポロラガービール」の売上から、大びん1本相当の販売につき1円を同基金に寄付し、車いす寄贈などに活用してもらうもの。
 「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」は、2010年に設立された赤星憲広氏が中心となって活動する慈善団体。全国の施設への車いす寄贈や、野球の底辺拡大を目指し、少年野球普及活動を行っている。
 「サッポロラガービール」は、明治10(1877)年に、サッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売された日本最古のビールブランド。熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わいで、根強い人気を集めている。ラベルにある赤い星は、北極星をイメージした開拓使のシンボルである「五稜星」をあしらったもので、発売以来受け継ぐそのデザインにちなんで、「赤星」の愛称で親しまれている。
 同社は、本キャンペーンを通してより多くの人に「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」の活動を知ってもらい、楽しみながら支援してほしいとしている。
 

(外食.Biz)
2018年04月16日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る