外食ドットビズ

トピックス

ジョナサン、「ジョナサンの食べるトラベル2018春」を開催
今年の目玉は焼津港まぐろと、遂にトラベルが初の海外進出!

 すかいらーくレストランツは、全国のファミリーレストラン「ジョナサン」店舗にて、日本各地の厳選したこだわり食材を楽しむことができる「ジョナサンの食べるトラベル2018春」を4月12日~6月13日の期間で開催する。
 ジョナサンでは、「素材へのこだわり」「食文化の発信」をコンセプトに掲げ、これまでも沖縄県産あぐー豚、長崎県産真鯛など、日本各地の厳選食材や希少価値の高い食材を紹介してきた。第5弾となる今回は、焼津港で水揚げされた魚の代名詞である“まぐろ”が初登場するとともに、国内を飛び出して遂に海外に進出し、タイの代表的なメニュー「タイ風ガパオライス」が登場する。その他、フェアで好評の日本三大うどんの1つ「秋田県稲庭うどん」や、「九州産黒毛和牛」など、いずれも日本各地から厳選した食材が一堂に会す。
 また、1980年4月23日の第1号店オープンを記念したアニバーサリーキャンペーン「38thジョナサンキュー キャンペーン」も開催。4月30日まで、記念メニューの販売をはじめ、お得な景品が当たるSNSキャンペーンなど楽しめるお得なキャンペーンを用意した。
38thジョナサンキュー キャンペーン: https://www.skylark.co.jp/jonathan/campaign/index.html
 

(外食.Biz)
2018年04月16日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る