外食ドットビズ

トピックス

「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」のセレクションを発表
初となる愛媛は184軒の飲食店・レストラン、32軒の宿泊施設を掲載

 日本ミシュランタイヤは、4月12日、広島県と愛媛県の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」のセレクションを発表した。書籍は4月16日から全国の主要書店で発売。また、国内の全ミシュランガイドのセレクションを無料で閲覧できるウェブサイト「ミシュランガイド公式リストbyクラブミシュラン」で同日公開された。
 「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」は、2013年に中国地方で初めて発行した「ミシュランガイド広島2013特別版」を全面改訂し、新たに愛媛県を加えた。広島県の掲載数302軒(飲食店・レストラン258軒、宿泊施設44軒)のうち91軒が新規掲載であり、日本料理の「なかしま」が前回から三つ星を維持。四国初のミシュランガイドの対象エリアとなる愛媛県の掲載数は216軒(飲食店・レストラン184軒、宿泊施設32軒)に上り、二つ星と一つ星の掲載店はすべて和食となった。
 今回、広島県を全面的に再調査し、日本料理の「なかしま」が2013年から三つ星を維持した。また、二つ星5軒のうち新規掲載3軒は、日本料理の「料理屋 昇月庵」(広島市)と日本料理の「料理屋 そうびき」(東広島市)、旅館の「旅籠 桜」(廿日市市)だった。県内8市町村にある16軒が「お好み焼き」の料理カテゴリーとして掲載され、広島ならではの「穴子料理」の飲食店・レストランも4軒(いずれも廿日市市)が掲載された。なお、一つ星は30軒の飲食店・レストラン(うち新規掲載11軒)、ビブグルマンが50軒の飲食店・レストラン(うち新規掲載14軒)、ミシュランプレートが173軒の飲食店・レストラン(うち新規掲載59軒)となった。
 ミシュランガイド初の四国エリアとなる愛媛県からは、二つ星3軒、一つ星10軒の計13軒の飲食店・レストランが掲載。二つ星3軒は、寿司の「くるますし」(松山市)と寿司の「鮨の間」(松山市)、日本料理の「和敬」(松山市)。一つ星10軒もすべてが和食だった。なお、ビブグルマンが22軒の飲食店・レストラン、ミシュランプレートが149軒の飲食店・レストランとなった。

【ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版】
発売日:4 月16日(地域、書店により異なる場合がある)
定価:本体2,700円+税
ISBNコード:978-4-904337-30-1
 

(外食.Biz)
2018年04月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る