外食ドットビズ|外食産業の活性化を支援するサイト

トピックス

大分県の観光PRを応援!黒ラベル「おんせん県おおいた」中びんを発売
ビール大手5社で大分県内に唯一ビール工場をもつ企業として観光活性化を応援!

 サッポロビールは、『サッポロ生ビール黒ラベル「おんせん県おおいた」中びん』(500mlびん)を、4月24日から大分県を中心に、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の九州8県にて通年で販売する。
 大分県内にビール工場を持つ同社は、大分県の観光の活性化を応援することを目的に『サッポロ生ビール黒ラベル「おんせん県おおいた」中びん』を販売する。ラベルには、大分県を強調した九州の地図の上に、同県の観光PRキャッチフレーズ「おんせん県おおいた」と「湯おけ」のロゴマークをあしらったデザインを採用した。
 同社は、変化に富んだ豊かな自然環境と豊かな水源に恵まれた大分県で2000年3月に九州日田工場を竣工。今後も同県でつくられた製品で、“日本一のおんせん県おおいた”の取り組みをはじめ、同県の観光PR活動を応援していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2018年03月19日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る