外食ドットビズ

トピックス

マクドナルド、NFCによる決済サービスを新たに導入
非接触決済サービス対応で支払方法の選択肢が広がりもっと便利に!

 日本マクドナルドと、三井住友カード、ジェーシービーおよびアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、全国の「マクドナルド」店舗(一部店舗を除く)にて、3月13日より、NFCによる非接触決済サービスの取り扱いを「Visa」、「Mastercard」、「JCB」、「American Express」のクレジットカードブランドで開始する。
 これまで「マクドナルド」では、日本独自の電子マネー「iD」、「WAON」、「楽天Edy」、「nanaco」、「Suica」等の交通系電子マネー、「QUICPay?」及び6つのクレジットカードブランドの決済サービスを利用できたが、今回、さらに便利でスムーズにマクドナルドの店舗を利用してもらうため、国際標準規格のNFCによる非接触決済サービスを導入する。これによりNFC搭載の携帯電話やNFC対応のクレジットカードを決済端末にかざすだけで、商品の購入ができるようになり、支払い方法の選択肢はさらに広がり、利便性が向上する。
 

(外食.Biz)
2018年03月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る