外食ドットビズ

トピックス

音楽ビヤプラザライオン 銀座店、音楽の力で東日本大震災の被災地支援!
開店30周年を迎える「音プラ」で3月11日にチャリティーコンサートを開催

 サッポロライオンは、東日本大震災による被災地への音楽復興支援を目的として、「音楽ビヤプラザライオン 銀座店」において、3月11日にチャリティーコンサートを開催する。
 「音楽ビヤプラザライオン 銀座店」は、1988(昭和63)年3月11日に誕生し、毎年この日にはお店の誕生日を祝うコンサートを開催してきたが、2012年より東日本大震災による被災地に音楽を届ける活動への協力として、チャリティーコンサートを開催している。今年も3月11日17:30より開催し、「音楽料」全額を東北震災復興支援のために寄付する。
 数十年前に数多く存在していたライブ演奏を行うビヤホールやレストランは、今では数少ない存在となってしまった。そんな中、“音プラ”の愛称で親しまれている同店は、今年、開店30周年を迎える。素晴らしい音楽と美味しい食事との贅沢な共演時間を提供する場であるだけでなく、発表する機会の少ない演奏家の卵たちにその場所を提供する役割も果たしてきた。その演奏家の数は開業から500名を超え、多くの演奏家が「音プラ」から世界へと羽ばたいていった。「音プラ」では、ドイツビヤソングから、オペラやクラシックなどを、通常営業日は4回のステージで生演奏している。演奏するのは、藤原歌劇団や二期会などを中心とした音楽団体に所属し活動しているクラシック音楽の演奏家たち。

【チャリティーコンサート】
開催場所:音楽ビヤプラザライオン 銀座店(東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル5F)
電話:03-3573-5355
開催日時:3月11日(開場16:30/開演17:30)
音楽料:2,000円(税込)
※音楽料に飲食代は含まれない。1人につき1ドリンク・1フード以上の注文が必要
 

(外食.Biz)
2018年03月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る