外食ドットビズ

トピックス

ポッカサッポロ、ブルーダイヤモンド グロワーズ社とライセンス契約締結
アーモンド飲料「アーモンド・ブリーズ」を日本国内にて展開へ

 ポッカサッポロフード&ビバレッジは、米国・ブルーダイヤモンド グロワーズ社と、アーモンド飲料「アーモンド・ブリーズ」の日本国内における製造・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。
 アメリカやヨーロッパでは、アーモンドミルクや豆乳などの「植物性ミルク」は健康意識の高まりや菜食ブーム、乳飲料を飲めない人のための代替飲料として生活に定着し、大きな市場を形成している。日本国内においても、健康志向の高まりなどの市場トレンドの変化もある中で、2013年に小売のアーモンドミルク市場が形成されてから、わずか数年のうちで急成長(アーモンドミルク研究会HP)をしており、今後さらなる市場拡大が見込めると考えられる。
 ブルーダイヤモンド グロワーズ社は、米国カリフォルニア州サクラメント市に本社を置く、世界最大のアーモンド加工販売企業。1910年に農業協同組合として設立され、100年以上もの間、生産・販売・マーケティングにおいて、アーモンド産業を牽引している。
 また、「アーモンド・ブリーズ」は、「アーモンドミルク」における世界のリーディング・ブランド。カリフォルニア・アーモンドの本来の美味しさをいかした、すっきりとした甘さの「アーモンドミルク」。本国アメリカやカナダをはじめ、イギリス、オーストラリア、南アフリカなどで販売されている。日本では、2013年から販売しており、日本のアーモンドミルクの市場を形成してきた。今回のライセンス契約により、2018年3月から日本国内における同ブランドの製造・販売を行う。なお、2018年春に、一部商品のラインナップを変更し、新たな商品を加えて発売する予定。
 同社では、現在製造・販売している、豆乳で作ったヨーグルトや豆乳飲料の事業展開領域にアーモンドミルクを加えることで、「植物性ミルク」カテゴリーでの飛躍的拡大を目指していきたいとしている。

(外食.Biz)
2017年12月25日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る