外食ドットビズ

トピックス

ナムコ、駅のホームにタピオカドリンク店と体験型キャラクターショップを初出店
「CUP&CUPS」では「BAGEL&BAGEL」のベーグルもスタンドカフェスタイルで提供

 全国で約220店舗のアミューズメント施設を運営するナムコは、11月25日、阪急電鉄塚口駅(兵庫県尼崎市)の梅田方面行きホームに「CUP&CUPS(カップアンドカップス)」と「namcoキャラポップストア」をセットにした店舗を出店する。なお、同社によると、アミューズメント事業者が駅のホームに常設の店舗を出店するのは初となるという。
 「CUP&CUPS」は、クレープショップ「MOMI&TOY’S」などを展開するモミアンドトイ・エンターテイメントと共同で企画したタピオカドリンク店で、大宮・難波・那覇のナムコのアミューズメント施設に併設している。今回出店する「CUP&CUPS阪急塚口店」では、4種類27メニューのタピオカドリンクとワッフル5種類を用意するほか、ベーグル専門店「BAGEL&BAGEL」のベーグル15種類24メニューをスタンドカフェスタイルで提供する。
 「namcoキャラポップストア」は、アニメやゲームなどの作品を題材にした体験型キャラクターショップ。作品ごとに期間限定で開催し、各作品の世界観を演出した店内で限定オリジナルグッズの販売や、作品をモチーフにしたミニゲームなどでファンに作品の世界観を体感してもらえる店舗で、全国主要都市のファッションビルやショッピングセンターなど86ヶ所で展開中。
 同社では、「CUP&CUPS」「namcoキャラポップストア」を駅構内のホームへ初めて出店することで、通勤通学途中の人が気軽に立ち寄れるポップカルチャーのスポットとして新しい話題や驚きを提案するとともに、「日常の場」である駅を「話題の場所」に変え、キャラクターファンの聖地を目指したいとしている。

(外食.Biz)
2017年11月25日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る