外食ドットビズ|外食産業の活性化を支援するサイト

トピックス

8月の外食売上高、前年比103.5%と12ヶ月連続で前年を上回る
飲酒業態は2ヶ月連続で前年を下回る。店舗数・客数・客単価も前年に届かず

 日本フードサービス協会(JF)は、会員企業(有効回収事業者数194社・店舗数36,206店)を対象とした2017年8月度の外食産業動向を発表。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。
 8月は、東京で21日間連続降雨を記録するなど、東日本・北日本は日照時間が少なく低温の日が続き客足に影響したものの、各社のキャンペーン等の集客努力もあり、リオ・オリンピックの開催で外食需要が低調だった昨年と比べると客足は上回り、全体売上は103.5%と12ヶ月連続で前年を上回った。
 全体および業態別概況は以下の通り。(  )は、業態合計の対前年同月比
■全体 (売上高103.5%・店舗数100.4%・客数101.8%・客単価101.7%)
■ファーストフード業態 (売上高104.9%・店舗数100.5%・客数102.5%・客単価102.3%)
 全体売上は104.9%と前年を上回った。業種別売上では、「洋風」は各社まちまちであったものの、地域対決キャンペーンなどのメニュー企画が奏功し108.0%。「和風」は朝食の新メニューやセットメニューが好評で客単価上昇し、101.4%。「麺類」は夏の新メニューで集客がアップ、店舗数増もあり、105.1%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は店舗減や天候不順で99.7%と前年を下回った。「その他」はアイスクリームがゲームアプリとのコラボキャンペーンで客数を伸ばし105.5 %となった。
■ファミリーレストラン業態 (売上高102.1%・店舗数100.9%・客数100.5%・客単価101.6%)
 全体売上は102.1%と前年を上回った。業種別売上では、「洋風」は天候不順で客数が伸び悩んだものの、フェアやサイドメニューの販促で客単価が上昇したところがあり101.5%。「和風」は繁忙期であるお盆の時期の雨が客足に影響し98.9%。「中華」は引き続きお得な会員カードキャンペーンなどが奏功し103.0%。「焼き肉」はお盆の時期の集客が好調で109.1%となった。
■パブ/居酒屋業態 (売上高99.2%・店舗数96.1%・客数99.9%・客単価99.3%)
 「パブ・ビアホール」は、ビヤガーデンなど季節店舗は天候不順の影響で不調だったが、サッカーなどスポーツイベントで集客した店があり、売上は101.0%と前年を上回った。一方、「居酒屋」は依然店舗減の影響が強く、売上は98.7%となった。
■ディナーレストラン業態 (売上高106.2%・店舗数101.3%・客数105.7%・客単価100.4%)
 8月も各社まちまちであったが、首都圏などで気温の低い日が続いたことから、鉄板焼きなど温かいメニューが売れ、売上は106.2%と前年を上回った。
■喫茶業態 (売上高102.2%・店舗数101.3%・客数100.6%・客単価101.6%)
 天候不順で客数は伸び悩んだものの、国産食材や増量を訴求した夏物ドリンクが好評で客単価を押し上げ、売上は102.2%となった。

(外食.Biz)
2017年09月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る