外食ドットビズ|外食産業の活性化を支援するサイト

トピックス

JR東日本の駅改札内に初の「スターバックス」店舗をオープン
スターバックス、JR東日本フードビジネスとライセンス契約を締結

 スターバックス コーヒー ジャパンと、ジェイアール東日本フードビジネスは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅改札内初のスターバックス店舗「スターバックス コーヒー JR秋葉原駅ラチ内店」を7月14日に JR秋葉原駅構内にてオープンする。
 今回、両社のライセンス契約締結により、駅構内のさまざまなスペースでのカフェ出店を検討していたJR東日本フード社と、顧客の多様なニーズに応えるため、JR東日本の駅構内での出店に魅力を感じていたスターバックス社が、1号店として JR秋葉原駅構内の旧「ベックスコーヒーショップ秋葉原店」の跡地に出店することになった。
 「スターバックス コーヒー JR秋葉原駅ラチ内店」は、JR秋葉原駅の総武線乗り換え連絡通路に位置し、改札を出ることなく気軽に立ち寄ることができる利便性の高いテイクアウト専門店。店舗の壁面には、明治45年の開業当時、赤レンガ造りが特徴的であった万世橋駅からインスピレーションを得て、赤レンガを使用するなど、秋葉原との結びつきを大切にしたいとの願いを込めた。

【スターバックス コーヒー JR秋葉原駅ラチ内店】
所在地:東京都千代田区外神田1-17-6(総武線6番線ホーム乗換連絡通路脇)
オープン日:7月14日
営業時間:7:00~22:30
店舗面積:75.4㎡(22.8坪)

(外食.Biz)
2017年07月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る