外食ドットビズ

トピックス

大戸屋 ごはん処、野菜が充実したグランドメニューにリニューアル
創業以来初となるオープンキッチンの旗艦店が丸の内にオープン

 大戸屋ホールディングスは、6月1日より全国の「大戸屋 ごはん処」店舗において、グランドメニューのリニューアルを実施するとともに、旗艦店となる「新丸の内センタービル店」をオープンした。
 「大戸屋 ごはん処」では、創業以来、セントラルキッチン方式を導入せず、店内調理にこだわって安全・安心な定食を提供してきた。近年、「大戸屋」を利用する20代から30代の若い世代の間にも、健康志向や食事のバランスに対するニーズの高まりが認められることより、今回、店内調理・店内加工を活かして、従来のメニューを進化させ、より栄養バラスを重要視したバランスの良い、新鮮な野菜をたくさん摂れるメニューを拡充し、1日に必要と言われる野菜量の約半分(175g)が摂れるメニューを取り揃えた。「鶏むね肉とたっぷり野菜の香辛だれ定食」(832円)は、ヘルシーな鶏むね肉の竜田揚げとたっぷり野菜を、大戸屋オリジナルの香辛だれをかけて楽しむ定食。「野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食」(801円)は、野菜がたっぷり摂れる、プチデザートもついたお得な定食。「いとより鯛の塩麹みりん漬け炭火焼き定食」(924円)は、お店で塩麹みりんに漬け込み、コクと旨味が増したいとより鯛のしっとりとした上品な味わいを楽しめる。
 また、旗艦店としてデビューした「新丸の内センタービル店」は、国内店舗初のオープンキッチンの店内レイアウトを採用し、手作りで食事を提供している様子を直接伝えていく。店内には、産地から直送された野菜が陳列されたショーケースを設置し、「ちゃんとおいしい定食屋」のイメージを発信。客席には、タブレット型のオーダー端末を設置し、スタッフを待つことなく、スムーズに注文できるようにするとともに、会計時にはセルフレジを設置。店舗スタッフの省力化を図り、「働き方改革」の面でも旗艦店として、店舗スタッフに対しても新たな情報発信の拠点として役割を果たしていく。

【大戸屋 ごはん処 新丸の内センタービル店】
所在地:東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービルディング3F
営業時間:11:00~22:00
電話:03-3216-1975
席数:62 席

(外食.Biz)
2017年06月02日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る