外食ドットビズ

トピックス

ファミリーマート、福利厚生用電子食事カード「チケットレストラン タッチ」利用を開始
福利厚生で手軽にランチを楽しめる店舗網がますます拡大

 ファミリーマートとバークレーヴァウチャーズは、食事補助用途で従業員に発行される電子食事カード「Ticket Restaurant Touch(チケットレストラン タッチ)」を12月20日から全国の「ファミリーマート」店舗約12,000店にて取扱いを開始した。
 「チケットレストラン」は、レストラン、カフェ、ファミレス、コンビニエンスストアなどの加盟店で食事や飲食物の購入ができるサービスで、導入実績2,000社以上、15万人という国内最大規模の利用者数と99%以上の利用率を誇る。電子食事カード「チケットレストラン タッチ」は、レジで会計の際に、NTTドコモが運営する電子マネー「iD」の端末に「チケットレストラン タッチ」のカードをかざすだけで利用できる。利用ユーザーの使いやすさはもちろんのこと、導入企業においては、効率的でシンプルなオペレーションも評価されている。
 今回の提携によって、「チケットレストラン タッチ」が利用できる加盟店舗は、全国のコンビニエンスストアから飲食チェーン店に至るまで、40,000店舗以上に拡大し、利用ユーザーの利便性がさらに高まる。

(外食.Biz)
2016年12月21日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る