外食ドットビズ

トピックス

ぐるなび、札幌市と「食の魅力を軸にした観光振興に関する連携協定」締結
観光・MICE振興、食文化振興などの分野で、さまざまな取り組みを実施

 ぐるなびと札幌市は、連携を結ぶことで双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、札幌市の地域活性を促進するため「札幌市・株式会社ぐるなび 食の魅力を軸にした観光振興に関する連携協定」を11月1日に締結した。
 同社では、本協定に基づき、同市が取り組む観光・MICE(Meeting/Incentive tour/Convention・Conference/Exhibition)振興や食文化振興に貢献すべく、自社の事業インフラやノウハウを総合的に提供していく。このような連携協定は、札幌市で12例目となる。
 観光・MICE振興として、2017年開催の冬季アジア札幌大会、2019年開催のラグビーワールドカップや、現在誘致に取り組んでいる2026年開催の冬季オリンピック・パラリンピックに向けて、飲食店への外国人客受入の環境整備を促進。また、食文化振興では、北海道食材や札幌市の食文化・観光・飲食店などの情報発信を行う。
 同社では、2015年6月に締結した北海道との包括連携協定に加え、北海道の玄関口であり、経済・物流などの中心である札幌市と本協定を結ぶことにより、さらなる地域活性への貢献を目指すとしている。
「札幌市×ぐるなび×ぐるたび」特設ページ:https://gurutabi.gnavi.co.jp/al1100/

(外食.Biz)
2016年11月04日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る