外食ドットビズ

トピックス

キユーピー、国内でのハラル食品の需要に対応
ハラル認証を取得したマヨネーズの日本国内での販売を開始

 キユーピーは、ハラル認証を取得した商品「マヨネーズ ジャパニーズスタイル(ハラル認証)」の日本国内での販売を、6月2日から開始する。海外子会社のキユーピーマレーシアが製造したものを輸入し、近年増加する日本在住のイスラム教徒およびイスラム圏からの訪日外国人をターゲットとすると共に、イスラム圏でも食の洋風化が進んでいることを背景に、家庭での利用や、ホテル内レストランなどのフードサービス市場での需要を見込む。
 「マヨネーズ ジャパニーズスタイル(ハラル認証)」は、卵黄タイプのマヨネーズ。「キユーピー マヨネーズ」に近い味わいが特徴で、卵黄のコクが楽しめる。マレーシア政府機関(JAKIM)からハラル認証を取得し、イスラム教徒の人々が安心して食べることができる。
 6月2日からはネット通販を開始し、その後は小売店のハラルコーナーの他、ホテル内レストランや、国際空港、大学生協などをターゲットに、フードサービス市場への販路拡大を図る。また、今後は業務用小袋タイプのマヨネーズなど、需要に合わせてバリエーションを増やす予定としている。
 同社は、マレーシアとインドネシアの2ヶ国でハラル認証を取得した商品を製造し、食の洋風化が進む現地および周辺諸国で、販売を行ってきた。今後は、イスラム教徒の人々に、日本でも安心して食を楽しむ機会を提供していきたいとする。

(外食.Biz)
2015年06月02日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る