外食ドットビズ

トピックス

コンビニユーザーに聞くプレミアム商品の消費とその重視点
重視するのは「品質の良さ」「素材へのこだわり」「限定品」

 フリーマガジン「R25」を発行するMedia ShakersのM1・F1総研は、コンビニエンスストアで購入できるプレミアム商品市場に注目し、コンビニユーザーのプレミアム商品消費に関する意識と実態について調査した。

■コンビニでのプレミアム商品購入状況
コンビニユーザーの3人に2人(67.0%)がコンビニのプレミアム商品消費層。女性が多い(72.3%)が、特に男性20代が相対的に高い傾向(73.0%)。

■コンビニでのプレミアム商品購入時のモチベーション
「美味しいものが食べたい」(73.2%)がモチベーション。コンビニで購入できるプレミアム商品消費層は「カラダにいい物を取りたい」(31.3%)が特徴的な動機に。

■コンビニで“別格だ!”と思える商品ジャンル
“別格だ”と思える商品は「デザート・スイーツ」(73.2%)に次ぎ、「飲料」(39.3%)。女性は「デザート・スイーツ」、男性は「アルコール飲料」を特に支持する傾向。

■コンビニにあるプレミアム商品に求める重視内容
「飲料」「弁当」「デザート」「お菓子」など各ジャンルに求める重視内容は、いずれも「品質の良さ」、「素材へのこだわり」、「限定品」が上位。飲料は「機能性」も重視。

■コンビニにあるプレミアムな「飲料」に求める重視内容
「飲料」に求める重視内容は1位「品質の良さ」(56.8%)。次いで、「素材へのこだわり」(35.6%)。男性20代で「機能性」(37.2%)が高い傾向。

【調査実施概要】
調査手法:インターネット調査
調査機関:電通マクロミルインサイト
調査地域:関東1都3県(東京/神奈川/千葉/埼玉)
実施日時:事前調査/11月20日~11月21日 本調査/11月21日~11月22日
調査対象:20~49歳の男女・有職者・600サンプル

(外食.Biz)
2014年12月13日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る