外食ドットビズ

米国産ポテトで「顧客満足度」の向上を!第1回アメリカンスマートポテトキャンペーン事例報告

米国ポテト協会は、米国産ポテトが高品質で色々な料理に幅広く活用でき、更に手軽で便利と、飲食店にとって魅力的な食材であることの認知を図るため様々な活動を行っている。昨年からは「アメリカンスマートポテト」をキーワードに、米国産ポテトの持つメリットを更に浸透させ、消費者にも「ポテト=米国産」を認識してもらえる仕掛けを展開する外食向けキャンペーンを開始した。現在第2回目のキャンペーン参加店を募集しているが、ここでは第1回目のキャンペーンに参加した店舗の声をお届けする。

米国ポテト協会

米国ポテト協会

http://www.potatous-jp.com/

【事業概要】全米4000のポテト生産者を代表する非営利団体で、本部はコロラド州デンバー。現在は、日本・韓国・中国・タイ・フィリピン・インドネシア・シンガポール・メキシコなど12の国と地域に代表事務所を置き、世界各国で米国産ポテトの普及、販促に努めている。

飲食店・ホテルはもとより、卸・小売、食品メーカーなど外食産業の各業態に応じたサポート・プログラムも提供。メニューやレシピの開発、技術的サポート、店内デモンストレーションの実施、POPツールの制作、企業協賛などを行っている。

取材協力 米国ポテト協会 日本代表事務所 プログラムマネージャー 友田理絵氏

ページのトップへ戻る