外食ドットビズ

【企画特集】飲食業における環境問題を考える

飲食業界の事業者にもかかわる「プラスチック資源循環法」
極薄耐ピンチューブ「FS35N」「FS40N」で業界に貢献!グンゼ株式会社

企画特集 飲食業における環境問題を考える 飲食業界の事業者にもかかわる「プラスチック資源循環法」 極薄耐ピンチューブ「FS35N」「FS40N」で業界に貢献!グンゼ株式会社

近年、脱プラスチックの動きが加速している。今年4月には「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」(プラスチック資源循環法)が制定され、事業者に対してプラスチックの資源循環を進めていくことが求められるようになった。これは、飲食業に携わる人々にも無縁なことではない。しかも大手企業だけではなく、従業員が5名以上の事業者にも求められているのである。そこで外食ドットビズでは、食関連企業に対し、プラスチック製品を供給している グンゼ株式会社 の協力のもと、脱プラに対し、どのようなことが必要なのか考察していきたいと思う。

グンゼ株式会社

グンゼ株式会社(GUNZE LIMITED)

グンゼ株式会社

創立 1896年(明治29年)8月10日

代表者 代表取締役社長 佐口敏康氏

大阪本社 大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKAオフィスタワー

プラスチックカンパニー https://www.gunze.co.jp/plastic/

ページのトップへ戻る