外食ドットビズ

第九章 店舗運営ノウハウ Part1

速習 起業リファレンス

外食ドットビズは、創刊よりこの業界の活性化のためには新しい風が必要と考え起業家の方に向けてメッセージを送ってまいりました。この度、当編集部の責任編集による起業家向けのノウハウ集を発刊いたします。掲載期間が1年ほどの大作になると思います。社内外問わず起業家の方々にとって有意義なノウハウ集となりますので是非じっくりとご購読下さい。

第6回 スタッフの募集 ~ 面接から採用まで(3)


第九章 店舗運営ノウハウ Part1
 

 第6回
 スタッフの募集 ~ 面接から採用まで(3) ~

雇用契約について

速習!起業リファレンス採用が決定したら、「 雇用契約 」 を締結します。ちょっと堅い話になりますが、雇用とは、仕事をしてもらうために、有償で人を雇うことです。パート/アルバイト側は、一定の条件のもとで働く事を約束し、雇い入れ側は、その労働の対価として報酬を支払うことを約束するのが 「 雇用契約 」 です。

そして、パート/アルバイトでも 「 労働者 」 ですから、労働基準法等の労働関係の法律が適用されます。アルバイトを雇用する際には、基本的な労働関係の法律知識を確認しておきましょう。労働基準法や食品衛生法等の関連法については、飲食店の経営者もしくは管理監督者は、「 知らなかった 」 では済まされません。正しい知識の習得は、「 お客様保護 」 「 従業員保護 」 の観点で取り組みましょう。

労働基準法は、その名の通り労働条件に関する基本法規で、労働者が人並みに生活できることを目的とした必要な労働条件の最低基準を定めたものです。「 給与支払 」 「 残業手当 」 「 休日 」 「 年次有給休暇 」 など日常業務に関する条件は、この労働基準法に定める基準を満たしたものでなければなりません。

ここでは基本的な項目を挙げておきます。

雇用期間 アルバイトの雇用期間は最長3年と定められている
労働時間 1日8時間以下、1週間では40時間以下
残業手当 1日8時間を越えて働いた場合は時給の25%増
休憩 労働時間が 6時間を越える時は45分以上、8時間を越える時は1時間以上を取ることができる
休日 毎週少なくとも 1日、または4週で4日以上与える
交通費 労基法では規定していないので、雇用契約で定める
雛型:雇用契約書
 

社会保険について

社会保険とは、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険のことで、飲食店で従業員を雇用する時は加入しなくてはなりません。このうち雇用保険・労災保険は、法人経営・個人経営に関係なく加入しなくてはなりませんが、健康保険や厚生年金については、以下の条件設定があります。

法人経営の場合は、「 強制適用事業所 」 であり加入義務がある。
 

個人経営の場合で、オーナーを除いた従業員数が 5人以上の場合は、「 強制適用事業所 」 であり加入義務がある。
 

個人経営で、従業員数が5人未満は任意加入となる。

これを理解した上で、パート/アルバイトについては次のようになります。

1日または1週間の労働時間が、正社員の4分の3以上で、1ヶ月の労働日数も正社員の4分の3以上で加入義務が発生する。

これに違反すると、多額な罰則金を支払わなくてはならないばかりか、過去 2年にさかのぼって保険料を追徴されることもあります。必ず管轄の 「 社会保険事務所 」 「 労働基準監督署 」 で確認してください。

 
 

 

 


 
ページの先頭へ
 
外食ドットビズ 論説主幹・坂尻高志
外食ドットビズ編集部

外食大手のすかいらーくに20年以上勤務した後に外食経営コンサルタントとして起業した論説主幹・坂尻高志。
外食向けオーダーエントリーシステム(OES)を日本で初めて世の中に出し、現セイコーインスツルをOES大手に育て上げた後やはり外食経営コンサルタントとして起業をした主幹・酒美保夫。
外食ドットビズに携わる多彩な起業家経験者が、外食産業で起業を目指す皆様に起業家マニュアルをお届けいたします。
 

第一章 起業をめざして… 心構えはOK?
第二章 店舗コンセプトの決定 ~そもそも、何がやりたいのか?~
第三章 出店地と物件の決定 ~まずは足で探そう!~
第四章 店舗設計と各種申請手続き ~イメージを具体化しよう!~
第五章 メニューをつくろう Part1
第六章 メニューをつくろう Part2
第七章 飲食店のサービスとは Part1
第八章 飲食店のサービスとは Part2

ページのトップへ戻る